噛む 柴犬 しつけ

MENU

噛む柴犬を自宅で簡単に直す犬のしつけ

 

●小さいながらも攻撃精神旺盛で番犬向き

 

太古の昔、日本列島に最初に渡来した人たちとに伴われてやってきた犬は、
この柴犬タイプの犬だった考えられています。

 

柴という名前の由来は、枯れ芝の色から名付けられたと言う説もありますが、
古来の「小さなもの」を指す言葉が正しいようです。

 

日本で現在最も多く飼育されている犬種で、年間出産数は7万頭に達し、海外でも
飼育者が激増しています。昭和12年に天然記念物に指定されました。

 

柴犬の性格は、感覚が俊敏で警戒心に富み、番犬や家庭犬として愛されています。
小さいながらも攻撃精神が旺盛で無鉄砲な面もあるので、しつけはしっかり仕込み
たいものです。

 

外観はキリリと引き締まった身躯の短毛の犬で、毛色は赤、胡麻、赤胡麻、黒褐色、
虎、白、淡赤など色々です。

 

噛む柴犬のしつけですが、家族の中でもリーダーや上位の者の言う通りにやって、
できたことには褒めてやることです。

 

柴犬のしつけは褒める割合を多くすると、犬はヤル気を出してきます。子犬の甘噛み
から成犬の本噛みにならないようにするには飼い主がどのように噛む柴犬をしつけるかで
大きく変わります。

 

正しいしつけを学んで、楽しいライフワークを手に入れましょう。