犬の食事

MENU

犬の食事

 

こちらのページへご訪問頂き嬉しく思います。

 

突然ですがあなたは犬の食事に関連したことで詳細を探していませんか?
こちらのホームページでは犬の餌に関するコンテンツを整理しました。

 

常識的な内容の掲載が多いかもしれませんが、なにかひとつだけでも
お役に立つことがあれば嬉しいです。

 

犬の食事記事一覧

犬に何を食べさせたらいいのかわからない人がいないでしょうね。ペットショップに行けばたくさんの種類のドックフードが売られているのですから。昭和甲50年代ぐらいまでは、犬の食事といえば人間の残り物を与えるというのが日常茶飯事でした。愛犬の食生活も時代とともに大きく変化してきたわけですね。犬たちの食性について肉食、雑食という説の2つがあります。もともと犬は肉食だったということが知られています。野生の頃の...

腎臓病の犬は、りんの摂取量の制限が必要です。カルシウムと結合し蓄積されるので、腎臓に負担をかけます。一般に腎臓に良い食事は、黒い食べ物です。タンパク質、脂肪、炭水化物は必ず与えて下さい。タンパク質は、犬の根本となる栄養素です。また、タンパク質は腎臓には負担をかけません。犬に良いタンパク質は、鶏肉、卵、ヨーグルトがあげられます。脂肪は犬にとってもエネルギーとなります。食事に脂肪を加えて与えるといいで...

一般的に膵炎の犬は老犬です。原因としては、飼い主の与える食事が問題です。ジャンクフードや脂肪の多い食事を与えたことにあります。犬に与える食事は、膵臓に負担をかけずに低脂肪を摂取させる必要があります。膵炎と糖尿病は背中合わせで、糖分の摂取量も気をつけなければなりません。避けたい食物は、高糖分の野菜、くだもの、穀物などです。いい食物は、とり肉、ご飯、じゃがいも、等です。手作りレシピは下記のようなものが...

飼い主が愛犬を観察し、肝不全を見つけるのは難しいですが、次に参考できるものを書き留めます。黄疸、よだれの出過ぎ、痙攣、腹水、出血等があげられます。肝臓病の原因は、化学物質が体内に入ってしまったのが影響していると思われます。ノミの駆除剤、除草剤、殺虫剤が体内にはいってしまう場合がありますから、飼い主は細心の注意が必要です。肝臓病の犬の食事は、栄養不足を防ぐために調整が必要です。肝臓病の犬は食欲不振に...

貧血の犬の症状は、歯肉と瞼が白色になり、元気がなく、息切れのが見られるようになります。体内の病気によっても貧血になりますが、見分け方は糞の色に出ます。色はかなり黒く、タールのようになります。貧血の原因は、寄生虫、傷、中毒によるものが一般的です。貧血を補う食材は、ハーブ、ビタミン(ビタミンB12)です。貧血の犬の食事は、鉄、ビタミン12、たんぱく質を多く含んだものは不可欠です。手作りレシピとしては、...