甘噛み しつけ方法

MENU

犬の甘噛みを自宅で簡単に解消できる犬のしつけ方

 

inunosituke

 

子犬だからといって甘噛みを受け流している人はいませんか。

 

子犬は手や足元にじゃれついたり、軽く噛んだりします。飼い主は、
この行動が可愛く感じたりしています。

 

痛いよーなどと言って甘噛みを楽しんで容認している場合が多々あります。
甘噛みは乳歯から永久歯に生え変わる時期の行為なので、物を噛むのは
仕方がないと放って置くと大変なことになる場合があります。

 

永久歯に生え変わったら甘噛みから本噛みになってしまいます。甘噛
み行為は子犬が縦の序列を確認していると見るべきです。

 

甘噛みをした時、相手が抵抗しなければ、犬の方が上の位置にいると
思わせてしまいます。飼い主より犬の方が上だと判断し、手や足を
平気で噛み、この判断は永久歯になっても変わることはありません。

 

飼い主を犬自身より見下しているのですから、手や足を噛むのは平気に
なってしまいます。

 

甘噛の楽しい時期はそんなに長く続きません。生後6ヶ月くらいになると
本噛みが始まります。実際に甘噛を放っておき本噛みになるケースは、
たくさんあります。

 

甘噛みを解消するしつけ方は、縦の秩序である主従関係を覚えさせることに
付きます。子犬のうちから主従関係をしつけておけば、永久歯になっても
困ることはありませんね。

 

inunosituke

 

inunosituke

inunositukeブラシをしている時に、ガルルっと咬まれてしまう!
inunosituke他人に咬みついてしまう!
inunosituke遊びの時に甘噛みをする!
inunosituke